やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2017/05/02
セルフメディケーション税制/インフルエンザの予防接種

[相談]

 私はインフルエンザの予防接種を受けており、自身の申告においてセルフメディケーション税制の適用を検討しております。同一生計の妻と子の支払ったスイッチOTC医薬品の購入金額は合算してもよいでしょうか?

 なお、妻と子は予防接種や健康診断等は受けていません。


[回答]

 セルフメディケーション税制の適用を受けようとする年分に、健康の保持増進及び疾病の予防への取組として、「一定の取組」を行っている居住者が対象となります。
 具体的には、以下の取組が、「一定の取組」に該当します。

1 保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査
 (人間ドッグ、各種健(検)診等)
2 市町村が健康増進事業として行う健康診査
 (生活保護受給者等を対象とする健康診査)
3 予防接種
 (定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種)
4 勤務先で実施する定期健康診断
 (事業主検診)
5 特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
6 市町村が健康増進事業として実施するがん検診

 なお、申告される方と生計を一にする配偶者その他の親族が「一定の取組」を行っていることは、要件とされていません。

 よって、ご質問の場合には、納税者本人に加えて妻と子の支払ったスイッチOTC医薬品の購入金額を合算することができます。


参考条文等:措法41の17の2、措令26の27の2、平成28厚生労働省告示第181号


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

お問合せ
伊藤会計事務所
〒511-1126
三重県桑名市長島町
又木28番地2
TEL:0594-41-0025
FAX:0594-41-0071
メールでのお問合せ